>  >  >  > The White Stripesの情報

The White Stripesの情報

(ザ・ホワイト・ストライプス)

97年結成。米デトロイト南西地区出身のジャック・ホワイト(vo&g)とメグ・ホワイト(dr)による姉弟デュオである。
99年に1stアルバム『The White Stripes』、00年に2ndアルバム『デ・ステイル』を発表。ドラムとギターのみというシンプルかつ、ピュアなロックンロール・ソングスを繰り広げ、ペイヴメントやスリーター・キニーなどとライヴ活動も行う。そして、メンフィスにて録音された3rdアルバム『ホワイト・ブラッド・セルズ』(01年)がイギリスを中心に大ブレイクし、ストロークスやブラック・レベル・モーターサイクル・クラブらとともにメインストリームにおいて一躍その名を轟かせた。
03年には70年代以前のブルースやロックへ更に接近した4作目『エレファント』をリリース。このグラミー賞で2部門を受賞、全世界の音楽誌でアルバム・オブ・ザ・イヤーを獲得するなど、更なる成功を収める。続く『ゲット・ビハインド・ミー・サタン』(05年)ではノイズ・ギターは控えめに、ピアノ、マリンバ、木琴などを用いてより幅広い音楽性を披露。それでいながら、十字路で悪魔に魂を売り渡したロバート・ジョンソンの逸話を彷彿とさせるタイトル通り、いままで以上にブルースを体現しているのはさすがだ。このアルバムも見事グラミー賞の栄冠に輝いており、00年代における最重要バンドの1つであるということを確固たるものにした。
余談だが、彼らの人気は鬼才ミッシェル・ゴンドリーによる傑作PVの数々や、赤・黒・白のコントラストで統一されたクールなアートワーク、ジャックとメグの奇妙なキャラクターなど、音楽性以外の部分によるところも大きい。「ジャックとメグは、姉弟ではなく夫婦なのでは?」という騒動が持ち上がるなど、ゴシップ誌を賑わせたこともある。
ちなみにジャックは友人たちと結成したバンド、ザ・ラカンターズでも活動、06年にアルバム『ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ』をリリースしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版