> The Smiths

The Smiths

(ザ・スミス)

80年代UKロック・シーンにおける最大の事件——それはザ・スミスの出現ならびに解散である。
サウンド/詞世界/イデタチ/発言/アティテュード、すべてにおいて最高にクールなこの至宝グループは82年、モリッシー(vo)とジョニー・マー(g)の邂逅をきっかけに結成。84年に、UKインディーの名門<ラフ・トレード>より記念すべき1st『ザ・スミス』を発表する。イギリス労働者階級のワカモノに蔓延する“絶望と混乱”を綴った美しくも儚いコトバの数々。それらはモリッシー節ともいえるフニャフニャ・ヴォイス、マーによるロジャー・マッギン直系の流麗なギター・サウンドを媒体とし、ディスコミュニケーションに悩む全世界のロック・リスナーの胸に激しく突き刺さっていったのだ。85年には衝撃作『ミート・イズ・マーダー』をドロップ。メッセージ/演奏、共にアグレッシヴなモノへと変貌を遂げていく。ちなみに、個人的にはこの頃がベストである。そして86年、UKロック史上に燦然と輝く問題作『ザ・クイーン・イズ・デッド』をリリース。“王室に対する非難”という最大タブーを公然とやってのけ、イギリス全土にセンセーションを巻き起こしたのであった。
——こうして名実ともに頂点を極めたザ・スミス、もはや向かうところ敵なしの状況にあったが、87年にマーが突然の脱退を表明。結局、バンドは解散の道をたどっていく。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版