>  >  >  > The Shirelles

The Shirelles

(シュレルズ)

個人的には、映画『ビッグ・ウェンズデイ』のパーティー・シーンで「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」がかかっていた光景が忘れられない。60年代初期の米国若者文化を彩ったガール・グループの先駆者、そして代表格であるシュレルズ——キュートな黒人4人娘だ。
ニュージャージーの高校の同級生で結成されたこのグループは、アメリカン・ポップス〜ロックの黄金時代を担ったブリル・ビルディングの名ソングライターたちの作品を取り上げ、数多くのヒットを飛ばす。特にキャロル・キング&ジェリー・ゴフィン「ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ」やバート・バカラック&ハル・デイヴィット「ベイビー・イッツ・ユー」といった作品は、思春期の甘酸っぱさ/ホロ苦さが込められた永遠の青春ソングだ。揺れる乙女心を代弁するかのようなチャーミングなヴォーカルと”シャラララ〜♪”コーラスの掛け合いも楽しい。ガール・グループ、まずはここから……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版