> The Pop Group

The Pop Group

(ザ・ポップ・グループ)

ザ・ポップ・グループは、マッシヴ・アタックをはじめとする90年代のいわゆる英国ブリストル・シーンにつながるという説もある。けど強烈すぎてフォロワーはゼロなのだ。
77年にブリストルで結成された5人組。翌年にはストラングラーズのサポート・アクトをつとめる。当時はいわゆるパンク・ムーヴメントの真っ只中で、初期のデモ音源を聴くと、彼らもパンク・ロックからの影響が大だったことがわかる。ただしもともと演奏経験がなかったことと、アナーキーなほどのエネルギーゆえにスタイルを逸脱していった。そして彼らのサウンドは、バンド名から一般的に想像できるものとはある意味で対極だった。
79年にシングル「She Is Beyond Good And Evil」でレコード・デビューし、続けて1stアルバムの『Y』を発表。レゲエ・バンドのマトゥンビのデニス・ボヴェルがプロデュースをしたダブ・アプローチの音作りの中で、パンク、ファンク、現代音楽などが絡み、解体と創造が体現された。80年に入るとさらに過激化。シングル「We Are All Prostitutes」、2ndアルバム『For Much Longer Do We Tolerate Mass Murder?』をリリースする。それまで観念的な部分もあった歌詞には、赤裸々な表現で政治的要素を盛り込み、現代社会のシステムに究極のステイトメントを叩きつけた。サウンドは、ヘヴィ・ファンク、フリー・ジャズ、アフロ・ミュージックを、パンク的な攻撃性で加速させたような凄まじさ。もはや暴発寸前だった。
しかし、過剰なまでのテンションが破裂したかのようにバンドは分裂してしまう。その80年末ころ、78〜79年の未発表トラックを収めた『We Are Time』も出た。解散後にメンバーはピッグ・バッグ、リップ・リグ&ザ・パニック、マキシマム・ジョイを組み、ヴォーカルのマーク・スチュワートはソロで活動する。 (行川和彦)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版