> The Pioneers

The Pioneers

(ザ・パイオニアーズ)

シドニー兄弟、デリック・クロックス、後にリー・ペリーのアップセッターズにオルガン・プレイヤー兼ヴォーカリストとして参加するグレン・アダムスによって62年に結成されたコーラス・グループ。デビュー・シングル「Sometime」は、65年レスリー・コングのレーベル<ビヴァリーズ>でレコーディングされ、67年後半頃には、かつてスカタライツのロード・マネジャーだったケン・ラックの興したレーベル<カルトーン>でシングルをリリースした。68年になると、シドニーはジャッキー・ロビンソンをメンバーに迎え、ジョー・ギブスの下で「Gimme Little Loving」をレコーディング。これが、ジャマイカン・チャートのNo.1を記録した。続くシングル「Long Shot」も同じくNo.1をゲット。彼らはジョー・ギブスのプロデュースでさらに「Dem A Laugh」「No Dope Me Pony」「Catch The Beat」や、またメイタルズの「Monkey Man」の元ネタと言われる「Mama Look Deh」などのヒットを飛ばし続けた。
その後デスモンド・デッカーの兄弟であるジョージがメンバーに加入、レスリー・コングの下に戻り、スリッカーズ名義で「Nana」というヒットを放つ。70年代には、イギリスへ移住しエジプトやレバノンへのツアーを決行、再びイギリスへ戻ってからは、ポップス寄りの音作りに取り組み、ジミー・クリフの手による「Let Your Yeah Be Yeah」がチャートのNo.5に躍り出る大ヒットとなった。その後もいくつかヒット作をリリースするが、彼らのベストは68〜70年にジョー・ギブスとレスリー・コングに残した作品だろう。

The Pioneersの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版