> The Orioles

The Orioles

(ジ・オリオールズ)

この尋常ではないスウィートネス。後の甘茶系ソウル・グループに多大な影響を与えたのも頷ける。特にリードをとるサニー・ティルのなまめかしく色気タップリの歌唱は、心だけでなく体の芯までトロけさせてくれるだろう。
オリオールズが活躍したのは、40年代後半から50年代前半にかけて。この期間に数多くのヒットを放ち、ドゥ・ワップのヴォーカル・グループ・スタイルを大ブームにする導火線となった。そのレパートリーは、ほとんどがバラードで構成されており、最初のヒットとなったスロウ・ナンバー「It’s too Soon to Know」に至っては、最初のR&Bソングとして現在まで語り継がれている。また最もヒットした「Crying in the Chapel」は、後にエルヴィスをはじめ、あらゆるジャンルのアーティストにカヴァーされたことで有名だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版