> The Moonglows

The Moonglows

(ザ・ムーングロウズ)

ボビー・レスターとハーヴィ・フークァという二枚看板のリードを擁し、洗練された音楽性で白人層にまでその魅力をアピールしたヴォーカル・グループの最高峰。
ロックンロール黎明期の有名DJ、アラン・フリードによって見出されたムーングロウズは、彼のレーベル<シャンペン>からデビューするが、しばらくは鳴かず飛ばずの状態が続く。しかしその後、シカゴの<チェス>と契約してから彼らの快進撃が始まる。しっとりとしたテナー・ヴォイスのレスターとブルージーなバリトンのフークァ、そして重厚なコーラス——これらが三位一体となったダンディズム溢れる音世界は、高いポピュラリティを獲得し、「Sincerely」(54年)を皮切りに「Most of All」「We Go Together」「Please Send Me Someone to Love」などの大ヒットを連発。が、成功にともなってメンバー間の軋轢も激しくなり、58年にはレスターが脱退してしまう。同年、ハーヴィ&ニュー・ムーングロウズ名義で「Ten Commandments of Love」のヒットを放つものの、60年にその活動は終止符が打たれた。
解散後、フークァは<モータウン>のプロデューサーとして成功する。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版