> The Lounge Lizards

The Lounge Lizards

(ザ・ラウンジ・リザーズ)

現在では俳優や監督活動の方が有名になってしまった感のあるジョン・ルーリー(ss,as/役者としては『ストレンジャー・ザン・パラダイス』<84年>、『ダウン・バイ・ロー』<86年>、『ミステリー・トレイン』<89年>あたりが代表作)率いるラウンジ・リザーズ。初期にはアート・リンゼイ(g)、アントン・フィア(dr)といったひと癖もふた癖もあるメンバーが名を連ね、”フェイク・ジャズ”なる言葉まで生み出した。
モダン・ジャズを意識しながらも、パンク/ニューウェイヴの先鋭的な感覚をプラスした音楽性。特に80年に発表されたアルバム『The Lounge Lizards』は、リンゼイの何もかもをぶち壊すようなアナーキーなギター・サウンドとバンドのシニカルな視線があまりに痛快だ(一般的なジャズ・ファンにはあまりオススメできないムードもあるが……)。またライヴにおいては、60’sモダン・ジャズをフィーチャリングしたヌーヴェル・バーグ映画一連を彷彿させるような空気が全開。とにかく粋な演奏なのである。
「ジム・ジャームッシュの映画によく出るおっさん」的なとらえ方をされることも多いジョン・ルーリーだが、2000年代に突入した今もラウンジ・リザーズはれっきとした現在進行形のバンドである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版