> The Lightning Seeds

The Lightning Seeds

(ザ・ライトニング・シーズ)

大英帝国随一のポップ野郎、そして生粋のリヴァプール人イアン・ブロウディによるソロ・プロジェクトが、このライトニング・シーズだ。ここ日本での認知度は今ひとつだが、イギリスにおける人気・信頼はすさまじいものがある。
80年代はプロデューサーとして、エコー&ザ・バニーメン、アイシクル・ワークス(最近ではドッジーがそう)などを手掛け、高い評価を獲得。そして90年代初頭より、本格的に自らの音楽活動をスタートさせたのであった。96年発表の大ヒット・アルバム『ディジー・ハイツ』で存分に堪能できる、これぞUK節とも言うべき究極にスウィートなメロディ・ライン、透き通ったコーラス・ワーク、心地よい爽やかアレンジ……。それらはまさに、偉大なる大先輩ビートルズ並みの常習性をもち合わせていたのだ。
また、彼が手掛けたサッカー・イングランド・チームの応援ソング「スリー・ライオンズ」(ベスト盤に収録)が素晴らしい。この全編にわたってみなぎるユナイト感に、多くサッカー・ファンが酔いしれ、アツい涙を流したことであろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版