>  >  >  > The Get Up Kidsの情報

The Get Up Kidsの情報

(ゲット・アップ・キッズ)

このバンドによって"エモ"という言葉が日本に根付いたといっても過言ではない。99年10月に日本デビュー盤となる2ndアルバム『サムシング・トゥ・ライト・ホーム・アバウト』をリリースし、「エモってなんだ?」「ゲット・アップ・キッズ知ってる?」とロック・リスナーの間で彼らの名前が飛び交うようになった。
高校時代の仲間で結成され、94年から活動を始めたゲット・アップ・キッズ。97年の1stアルバム『フォー・ミニット・マイル』以降、精力的にライヴ活動を行うかたわら、シングル・リリースと共にさまざまなコンピレーション参加を経て、前述の2nd発表に至った。
重層的なツイン・ギターが奏でる分厚いサウンドと、なくてはならない気を吐くエモーショナル・ヴォーカル——それらが、爽快な"青い"メロディをドラマチックに展開する。また、キーボードによるポップな味付けはニューウェーヴの方法論によるものであり、インディ・ロックに留まらない幅広い音楽的バックボーンを垣間見せている。
モトリー・クルーの「オン・ウィズ・ザ・ショウ」やキュアーの「クロース・トゥ・ミー」、ニュー・オーダーの「リグレット」といったカヴァー曲も魅力のひとつである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版