> The Federation

The Federation

(ザ・フェデレーション)

ブリストルのカップ・オブ・ティーの看板アーティストのひとつであるザ・フェデレーションは、トリップホップのルーツであるヒップホップ感を維持しながらも、トリップホップの官能的なグルーヴをジャズやファンクに近い領域にまで持っていく。彼らの作る音楽は、気まぐれで雄大なインストゥルメンタルのグルーヴ・トラックから、甘いバラードまでと幅広い。アンビエントなシンセと、ほとんど聴き取れない小刻みなホーンの上に、ハービー・ハンコックに影響されたピアノが大胆に奏でられる。そしてこれにアコースティック・ベースとラテンのパーカッションが加わるのだ。ヒップホップのビート、ヴォーカル・サンプル、ターンテーブルのスクラッチ、そしてサイケデリックなギター・ラインが、成り行きまかせのリフレインとキュートな英国なまりの韻を繰り返す曲のバックグラウンドを作る。深く、暗いストリングスと、使い込まれたオペラのサンプルが、キャッチーなファンクのメロディーの間に織り込まれ、スパイ映画のサウンドトラックのようなピアノと、ジャジーなアコスティック・ベース・ラインが、ジャングル・ブレイク・ビーツを生み出す。生楽器とエレクトロニック音をこれほど巧みに融合させたバンドは他に存在しない。ザ・フェデレーションはまさに21世紀のソウル・ミュージックの基盤を作り上げたバンドと言えるだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版