> The Crusaders

The Crusaders

(ザ・クルセイダーズ)

70〜80年代に一世を風靡した、ドス黒いフュージョン・バンド。61年に、ジャズ・クルセイダーズと名乗り『フリーダム・サウンド』でデビューした。以来、バンド名/メンバーを変えながら、40年以上も活躍するメロウ・ファンクの殿堂である。
バンド全体からうねり出されるブラック・グルーヴが最大の魅力。なかでもフロントに配備されたテナー・サックス/トロンボーンは重量感を4割増しにする。そして、どこか哀愁漂うブルージーなメロディが奏でられ、アーシーな音世界が繰り広げられるのだ……た、たまらん!! ——『Scratch』(74年)と『Those Southern Knights』(76年)は、そんな彼らの最高傑作。また、少し洗練された色合いだが、ランディ・クロフォード(vo)を招き、タイトル曲が大ヒットした『Street Life』(79年)も挙げておかねばなるまい。
昨今はウェイン・ヘンダーソン(tb)、ウィルトン・フェルダー(sax&b)の2人組ユニットとして世界中を飛び回っている。個人的にはオリジナル・メンバーだったジョー・サンプル(p&key)がいないのが残念っす。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版