>  >  >  > The Creaturesの情報

The Creaturesの情報

(ザ・クリーチャーズ)

スージー・スーとバッジー(スージー&ザ・バンシーズのヴォーカリストとドラマー)によるユニット、クリーチャーズが披露するのは、声とリズムが織りなす驚異のアクロバットだ。例えば、バンシーズの別ユニットとして81年に発表されたEP「ワイルド・シングス」は一発録りの作品だが、狂おしいほどプリミティヴなドラムとパーカッションに、誰にも真似できないスージーの狂気の声が交錯しあい、実にヒリヒリするような空間を作り出している。
甘いささやきから狂暴な咆哮へ——そしてオペラのような嘆き声へと表情を変えながら、混沌としたメロディをいとも簡単に歌い上げるスージー・スー。そして痛いほど五感に訴えかけてくるサウンドは、彼らのルックスと完璧にマッチ。まるで、それは音によるエロティック文学のようだ。バッジーのリズムはリビドーを突き動かすテンポを刻み、スージーのヴォーカルが蘭の花のしずくのようにしたたり落ちる。まさに妖艶……。
この20年間、彼らは様々な種類の管弦楽器も作品に取り入れてきたが、90年代後半からますますエネルギッシュな展開を見せている。——クリーチャーズは、この先もしおれることなく耽美なダンス・トラックを発表し続けていくだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版