> The Beach Boys

The Beach Boys

(ザ・ビーチ・ボーイズ)

60年代前半のアメリカでビートルズに向こうをはったのが、このビーチ・ボーイズ。しかし64年の終わりにブライアン・ウィルソンがライヴを引退し、作曲とプロデュースに専念してしまう。ウィルソンの頭から湧き出るサウンドをなんとかしてテープにのせようと悪戦苦闘したあげく、66年にできたのがあの永遠の名作『ペット・サウンズ』。このオーケストラを使ったポップの傑作のレコード・ジャケットを見てみると、ウィルソンいわく「これはティーン版・神に捧げるシンフォニーというつもりで書いた」。ふつう『ペット・サウンズ』といったらロックンロールのアルバムでは史上最高というくらい崇められているが、一方では初期のころの熱狂的ファンから見放される元に。ビーチ・ボーイズにしてもブライアン・ウィルソンにしても、その後売れたアルバムはけっこうある。しかしあの『ペット・サウンズ』の天才的なひらめき、あの超越した子供のような純粋さには、その後どちらも遥かに及ばなかった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版