>  >  >  > 日野皓正

日野皓正

(ヒノテルマサ)

ジャズとファッションは、昔から常に相互性をもっている。——日本ジャズ界に新しい”ファッション”(ヴィジュアル)をもち込んだプレイヤーが日野皓正だ。60年代末から70年代にかけて既にファッション・モデル扱いでメンズ雑誌の巻頭を飾っていたり、ポスターにまでなったりで、まさに「カッコイイ」男の象徴だった。
日野は42年10月25日生まれ、東京出身。実弟は、日本のトップ・ドラマー、故・日野元彦である。2人は幼い頃より、ミュージシャン(ドラマー、タップダンサー)であった父から、音楽におけるエンターテインメントの重要性を厳しく身体にたたきこまれた。トランペットは9歳の時から始め、タップダンスの技は父から譲り受けたものである。そして、13歳から米軍のキャンプ廻りで腕を磨く。青春時代は、当時親交の深かったピアニストの菊地雅章らと「新世紀音楽研究所」に参加。新たなジャズの息吹を体感する。その時の若き演奏は『幻の銀巴里セッション』に聴かれる。
64年には白木秀雄クインテットに迎えられ、翌年、このユニットでベルリン・ジャズ・フェスティバルに出演。日本のジャズ・トランペッターとして高い評価を得る。67年に自己の初リーダー・アルバム『ALONE, ALONE AND ALONE』を発表。68年、菊地雅章と双頭コンボを作り、注目されたが、菊地の渡米により解散。後に日野は自己のコンボにより、代表作『HI-NOLOGY』を吹き込み、映画音楽の分野でも活躍する。75年には家族でニューヨークへ移り住み、活動の場をさらに広げる一方、ギル・エヴァンスのオーケストラにも参加。以降は、毎年コンスタントにアルバムを制作している。
日野のスタイルはルイ・アームストロングやマイルス・デイヴィスをルーツにしており、アップ・テンポにおける切れ味の鋭いスリリングなプレイと、バラードにおけるソフトで温かい音色は、長い音楽生活で鍛え上げられた年季を感じさせる。 (山本晋平)

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版