>  >  >  > Television

Television

(テレヴィジョン)

77年、ニューヨーク・パンク・ムーヴメントの中誕生した最も重要で衝撃的なバンドと言えば間違いなくテレヴィジョンだろう。オリジナル・メンバーのひとりは後にヴォイドイズを結成したリチャード・ヘルだが、彼の音楽に対する虚無主義的なアプローチはリーダーのトム・ヴァーレインが目指す音楽性とは大きな隔たりがあったようだ。トム・ヴァーレインの作りだすサウンドは、クラブCBGB’Sを中心としたニューヨークのパンク・シーンの他のいかなるバンドとも違うものだった。テレヴィジョンが編み出したギター・サウンドはいつ聴いても新鮮な輝きを放ち、ヴァーレインとリチャード・ロイドによる“あ・うん”の呼吸から繰り出されるギター・プレイが光るデビュー・アルバム『マーキー・ムーン』はソニック・ユースを始め、パンク・ムーヴメント以降の多くのアーティストたちに計り知れない影響を与えている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版