>  >  >  > 小林建樹

小林建樹

(コバヤシタテキ)

どこか思慮深げで何を考えているかわからないのだけど、勉強も何気なくできる。しかも陰で音楽とか演ってて、あからさまにモテるわけじゃないが女の子の間でヒソヒソ囁かれるような存在。——中学ぐらいの時ってそういう奴いませんでした? 小林建樹を見てると、派手には目立たないけど、自分のやりたいことにしっかり邁進していて、確固たる自信に裏付けられた強い個性を感じる。
99年にシングル「Sweet Randez-Vous」でデビュー。新世代を予感させるシンガーソングライターとして高い評価を得る。「美」を主張する流麗なピアノ・バラードから、まさにこっそりコツコツ宅録してまわりをあっと言わせるようなストレンジ・ポップ・ソングまでを展開。そして、彼の儚げで優しい歌声と希代のポップ職人気質が紡ぎ出すラヴ・ストーリー(詩作)が、ほろ苦さをたたえながら聴く者のココロにすっぽりとハマり込んでくるのだ。
『曖昧な引力』(99年)と『Rare』(00年)の2枚のアルバムを発表。まったくの余談だが、あだ名は「かまぼこ」らしい。……かまぼこ?

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版