>  >  >  > タケ・ウケタ

タケ・ウケタ

(タケウケタ)

昭和50年(75)葵たかしの芸名でアイドル歌手としてデビュー(デビュー曲、「恋人は妹のように」)。

俳優に転向してからは味のある名脇役として映画や舞台、映画で活躍する。
代表作にTBS『ウルトラマンティガ』、フジテレビ『世にも奇妙な物語』、映画『ミンボーの女』などがある。

09年、自主制作盤では1,000枚を売り切ったという人生の門出の場面に贈る曲「おめでとうの歌」を、制作時より10年の時を経て一般流通でリリース。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版