>  >  >  > 加古 隆

加古 隆

(カコタカシ)

作曲家、ピアニスト。そのクラシック・現代音楽・ジャズといった要素が渾然一体となった独自の音楽性は、世界中で高い評価を受けている。また、トレードマークとなっている帽子を被ったそのビジュアルでも有名だ。
47年生まれの彼は、東京芸術大学・大学院作曲研究室修了後、フランス政府給費留学生として渡仏し、パリ国立音楽院にてオリヴィエ・メシアンに師事。現代音楽を学ぶ一方、同地でフリー・ジャズのピアニストとしてデビューを果たし、ヨーロッパ各地で演奏活動に勤しむ。帰国後は、自身の作曲による作品発表の他、映画やTV番組の音楽なども多く手がけ、パウル・クレーの絵をテーマとしたピアノ組曲『クレー』(86年)、宮沢賢治の諸作品から着想を得た『KENJI』(88年)、NHKスペシャル『映像の世紀』(95年)、マリオン・ハンセル監督作品『ザ・クゥオリー』(98年)、TVドラマ『白い巨塔』(04年)などを発表。現代を代表する芸術音楽家の1人である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版