>  >  >  > 朝比奈隆

朝比奈隆

(アサヒナタカシ)

日本音楽界の重鎮、そして、ブルックナー演奏の代名詞とも言われる指揮者、朝比奈隆。堂々たる風格、滋味あふれる演奏は、世界中から熱狂的に受け入れられている。
1908年、東京に生まれ、幼少からヴァイオリンを始める。京都帝国大学に学びながら、同大学オーケストラに所属、ヴァイオリンと指揮のレッスンも受けていた。卒業後は阪急電鉄に入社する(何と、世界のマエストロは電車の運転手だった!)が、2年後に退社し、音楽家への道を歩み始める。大阪室内楽協会を設立し、37年、京大オーケストラを指揮してデビューを果たした。そして、大阪中央放送局の専属指揮者、上海響常任指揮者を経て、47年に大阪NHKの放送交響楽団を設立し常任指揮者となる。 間もなく関西交響楽団と改名し、60年には改組され、現在の大阪フィルに。彼は音楽総監督の任を終生務めることとなった。
海外のオーケストラへの客演も多く、ドイツ/東欧/イタリア/北欧などの約70団体と共演を行なっている。また96年には、87歳という高齢にもかかわらずアメリカへ渡り、シカゴ交響楽団と共演。地元のマスコミ、聴衆から熱烈な歓迎を受けた。
戦前、戦後を通して、日本の音楽界を築き上げた功績はあまりに大きい。2001年12月、惜しまれつつその生涯を閉じたが、彼の名が忘れ去られることはありえない。

朝比奈隆の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版