>  >  >  > 来生たかお

来生たかお

(キスギタカオ)

日本のミュージック・シーンを見まわしても指折りのメロディ・メイカーであることは間違いない。薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」、中森明菜の「スローモーション」や「セカンド・ラブ」、大橋純子の「シルエット・ロマンス」などなど……、今までに提供してきた楽曲は400曲近くというから恐れ入る。そしてどの曲も、マイナー調で哀愁が染み入るような旋律——”来生メロディ”で貫かれているのだ。
しかし作曲家だけでなく、ソロ・アーティストとしても現在まで着実にキャリアを積み上げており、ギルバート・オサリバンを敬愛するという来生ならではの素朴な歌い口には根強いファンがいる。また、提供曲のセルフ・カヴァーも、他の歌手が歌ったのとは違う世界を表出し、特に「セーラー服と機関銃」を「夢の途中」と改題して歌ったヴァージョンは大ヒットを記録した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版