>  >  >  > 高石ともやとザ・ナターシャー・セブンの情報

高石ともやとザ・ナターシャー・セブンの情報

(タカイシトモヤトザ・ナターシャー・セブン)

71年に出会ったふたり、高石ともや(北海道出身:日本フォーク界の父)と城田純二を中心に結成されたフォーク・グループ。当初は高石ともやとザ・ナターシャー・セブンと名乗っていたが、ほどなくしてザ・ナターシャー・セブンに表記を統一。ちなみに“セブン”といっても7人組ではないのでご注意を。
キャッチーだが深みのある詞とメロディで多くのコアなファンを獲得した彼らだが、ベース(ピアノも?)を担当していた木田たかすけさんが交通事故で、さらにマネージャー/プロデューサーの榊原詩朗さんがホテル・ニュー・ジャパンの火災事故で亡くなるという不幸が続き、方向性を見失ったグループは惜しまれつつも83年に解散してしまう。
長きにわたって融合を果たさなかった彼らだが、98年にザ・ナターシャ・セブンとして再結成。ファンの感涙を誘った。彼ら3人が立つステージに、喪失感、悲哀感、寂寥感……などのネガティヴな感情はいっさいなく、かの時となんら変わらない、素晴らしい演舞で聴衆を魅了したそうだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版