>  >  >  > 鈴木亜美

鈴木亜美

(スズキアミ)

82年2月9日、神奈川県生まれ。人気テレビ番組『ASAYAN』のオーディションでグランプリ獲得、98年に小室哲哉プロデュースのもとデビュー。押しもおされぬビッグ・アイドルに。好奇心にみちた瞳、きりりとした口元、愛くるしい笑顔、スレンダーな肢体、アイドル史上最強のルックスをもつ。CMでの元気溌剌なはじけっぷり、ステージでの威風堂々とした姿、写真集での物憂げな表情に、われわれ独身男性は言うにおよばず、どれほど多くの日本国民が励まされたことか。また、ステージ衣装のデザインや作詞といったアーティスティックな側面もキラリと光る。彼女の高校卒業と時を同じくして発表された、初の作詞曲「Don’t need to say good bye」では、卒業は別れではなく出発である、と高らかに宣言。斉藤由貴の「卒業」と並び、卒業ソングの新しいスタンダードとなるであろう。さらに注目すべきは、松田聖子や河合奈保子といった、80年代初頭のある意味典型的なアイドルのキャラクターを踏襲している点ではないか。自らのことをアミーゴと名乗り、人間臭いリアリズムを徹底的に排除したパブリック・イメージを打ち出す。正統派アイドル不毛の90年代後半に、鈴木あみが受け入れられたというのは驚愕に値する。
01年にアルバム『FUN for FAN』をリリースして以後、事務所との契約トラブルにより芸能活動を休止。その後裁判の終結により活動を再開させ、自主レーベルから「強いキズナ」(CDブック)「FOREVER LOVE」などをリリースしていたが、05年1月1日を持って<エイベックス>に所属が決定した。同年3月に移籍第1弾シングル「Delightful」をリリースし、10月には、約5年半ぶりとなるオリジナル・アルバム『AROUND THE WORLD』を発表。4年以上のブランクを感じさせない彼女のキュートな歌声が、ファンのみならず音楽リスナーの心をも掴んだ。
06年7月、自身が作詞を担当し、レーベル・メイトである大塚 愛が他アーティストへ初の楽曲提供を行ったシングル「Like a Love?」をリリースし、8月には<エイベックス>主催の夏フェス『a-nation’06』でオープニング・アクトを努めた。
07年2月から3週連続にわたり、Buffalo Daughter、THC!!、キリンジとのコラボレーション・シングルをリリース、3月には数々のアーティスト・クリエイターとのコラボレーションが実現した“join”アルバム『CONNETTA』を発表。鈴木亜美の新たな一面を垣間見せ、今後の成長ぶりがさらに期待できる1枚に仕上がっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版