>  >  >  > Sun Ra And His Intergalactic Arkestraの情報

Sun Ra And His Intergalactic Arkestraの情報

(サン・ラ・アンド・ヒズ・インターギャラクティック・アーケストラ)

ジャズの歴史において最も彩られた存在のひとりサン・ラは、その遺産と同じくらい大きな謎を残してこの世を去った。バップ、スタンダード、ディズニーのカバー曲、パーカッシヴな即興演奏、ジャズ・ファンク、宇宙的なヴォーカル・チャント。バンドリーダーとしての40年近くの歳月を通じて、彼自身とその家族のようなアーケストラとはそれらの要素を巧みに織り交ぜ合わせて独自の音楽を発展させていった。多才なピアニストであるサン・ラは、ジャズ初期の手法からムーグを使った過激な感情的演奏まで、あらゆる奏法に通達していた。加えて、彼は実に多産であった。500枚にも及ぶアルバムを制作して自主レーベルから限定リリース、そのほとんどはもはや伝説となっているライヴの会場で販売されていた。最後の作品は常軌を逸している部分もあったが、しかしなによりも、彼の音楽はリスナーを惹き付けながら挑戦することを実証していたのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版