>  >  >  > Suburban Knight

Suburban Knight

(サバーバン・ナイト)

“デトロイトの伝説”とも称される、テクノにダークなエナジーを注入したアーティスト。彼が登場しなければ、アンダーグラウンド・レジスタンスの電子音楽による世界同時革命は達成されなかったであろう。
デリック・メイが主宰する<TRANSMAT>レーベルから「ザ・グルーヴ」(86年)、「アート・オブ・ストーキング」(87年)を発表。その極端にダークなサウンドは、快楽志向ばかりを追求していた当時のテクノ/ハウス・シーン、いや全クラブ・シーンにとって、あまりに痛烈で衝撃的なものだった(“ホラーコア・テクノ”なる呼び名がついたほどだ)。その後、ケヴィン・サンダーソン率いるインナー・シティ「ビッグ・ファン」(89年)のプロデュースに参加し、同曲を見事大ヒットへと導く。92年からは、マッド・マイクの熱烈な誘いを受け<UNDERGROUND RESISTANCE>に加入。「ノクタービュラス ビヘイヴィア」「ダーク・エナジー」「バイ・ナイト」「ヒドゥン・イン・ペイン・サイト」など、数々の名曲を生み出した。さらに「ザ・シス」(00年)ではドラムンベースに挑戦し、デトロイト・テクノの新たな方向性を提示。かなりマイペースではあるが、彼は一貫したハードコア魂を携えて、リアリティとフューチャリズムのさらなる可能性を探求し続けている。
00年の暮れには3年ぶり2度目の来日を果たし、底抜けにファンキーなDJプレイを披露。楽曲が展開する度にゴリラ面も変化。そのディープなサウンドとは程遠い、明るくてとても愛嬌のある人だった。
そして03年、ついに彼はアルバム『マイ・ソル・ダーク・ディレクション』を完成……。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版