>  >  >  > Strawberry Alarm Clock

Strawberry Alarm Clock

(ストロベリー・アラーム・クロック)

60年代後期のサイケデリック・ブームの真っ只中にデビューしたフラワー集団。同時期に、レコード会社の青田買いもあって雨後の竹の子のごとく、数多くのグループが現れては消えていった。そのほとんどは実力もなく、ブームに便乗しただけのものだったが、このストロベリー・アラーム・クロックは(便乗部分も否めないまでも)高い音楽性と演奏力を誇っていた。
サイケをベースにしながらもポップ性が高く、息をもつかせぬ転調や美しいコーラスを配した楽曲は、その手のファンでなくても十分に楽しませてくれる。そしてロックだけでなくジャズ/ラテン/ボサ・ノヴァなどを取り込み、めくるめくパラレル・ワールドを創出。全米No.1になった「インセンス・アンド・ペパーミンツ」(67年)は、ヒッピー・ムーヴメントを象徴するナンバーだろう。
ちなみに、グループ解散後、ギタリストのエド・キングはサザン・ロックのレイナード・スキナードに参加。両グループの写真を見比べると笑えます。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版