>  >  >  > Sting

Sting

(スティング)

ポリス——ロック・ファンなら少なからずこの名前を耳にしたことがあるだろう。ロック史上最高のトライアングルとも呼ばれたこのグループ、その中心人物であったのがスティングだ。高校教師として働くかたわら、74年にラスト・エグズィットを結成し音楽活動を開始。だが、家庭をもったことによる環境の変化にともない、バンドは77年に解散してしまう。直後にポリスを始動、シングル「ロクサーヌ」、「白いレガッタ」や「ゼニヤッタ・モンダッタ」などヒットを量産し、その加熱ぶりは全米にも飛び火した。しかしハードなロード・ツアーやスティングの俳優業を理由にメンバーの関係はギクシャクし始め、メンバーはソロ・プロジェクトに移行し、86年、その歴史に幕を下ろす。その後、早々にソロ・アーティストとしてのスタートをきったスティングは、若手ジャズ・ミュージシャン、ダリル・ジョーンズやブランフォード・マルサリスなどとの共演を経て、「ジャズ・ロック」という新たな分野へ参入。その結果として、「セット・ゼム・フリー」や「ラシアンズ」、「イングリッシュ・マン・イン・ニューヨーク」といったシングル・ヒットが次々と生まれた。また、サイド・ワークも活発で、ブライアン・アダムス、ロッド・スチュワートと共に歌い上げた、全米No.1シングル「オール・フォー・ラヴ」なども記憶に新しい。他にも、熱帯雨林保護を訴える「セイヴ・ザ・フォレスト」というキャンペーンを打ち出してシンポジウムを開催したり、幼児エイズ患者のためのベネフィットに参加するなど、社会問題を正面から受け止めるミュージシャンでもある。近年はコンスタントにオリジナル作品を発表するかたわら、俳優業や映画のサウンドトラック制作なども行なっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版