>  >  >  > Steel Pulse

Steel Pulse

(スティール・パルス)

スティール・パルスは、UKレゲエ界で最も高い評価を受けているグループだろう。75年にバーミンガムで結成されたこのグループは、インディーズからデビュー。驚いたことに、敬けんなラスタファリアンである彼らは、ラスタの教義に反するとしてデビュー当時はライヴ活動を拒絶していたという。しかし、『ロック・アゲインスト・レイシズム・オーガニゼーション』がきっかけで、グループはストラングラーズ、XTCといったニューウェイヴ・ミュージシャンらと共にツアーを決行。そして、バーニング・スピアのサポートを務めたことで、<アイランド・レコード>から注目を買った。
<アイランド・レコード>からの初シングルは、人種差別の代名詞的存在「Ku Klux Klan」で、この頃にはメンバーも増員し、満を持してリリースされたアルバム『Handsworth Revolution』は、UKレゲエの発展において忘れることの出来ないランドマーク的存在となった。しかし<アイランド・レコード>との折り合いが芳しくなく、<エレクトラ>へ移籍し、デビュー以来もっとも一貫性のあるアルバム『True Democracy』を発表。中でもマーカス・ガーヴェイ賛歌「Rally Around」がアルバムのカラーを一層際立たせている。その後いくつかのレコード会社を渡り歩くも、UKのみならずアメリカでも好評を博し、レゲエ・ミュージシャンとして初めて有名TV番組にも出演を果たした。さらに92年には、ニューヨーク・タクシー&リムジン・コミッションを相手取り、所属ドライバーの「黒人、ことにラスタファリアンに対する差別」を主張し、一段と名声を高めた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版