>  >  >  > Stanley Turrentine

Stanley Turrentine

(スタンリー・タレンタイン)

ハンク・クロフォードと共に、ソウル・ジャズ・サックスの認知度を高めたテナー・サキソフォニスト。彼の迫力に満ちた力強いプレーは、マックス・ローチのバップ期におけるハードなドラミングや、ジミー・スコットのグルーヴィなオルガンと共演することにより、さらに際立った。60年代には前妻でもあるシャーリー・スコット(オルガニスト)と音楽的に影響・協力し合いながら、ハービー・ハンコック、ホレス・シルヴァーのサイド・マンとして活躍。70年代前半には、それまでの甘い音色から一変、『ルーダス-イン-ザ-ジャクージ』以降たくましい音を吹くようになる。また、同時期に録音された初のクロスオーヴァー・アルバム『シュガー』においても高い評価を受けた。セッションする相手を問わず、その厳格な音は常に高い質を保ち、現在に至るまで最高のジャズ・ミュージシャン/ヴォーカリストとのレコーディングを続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版