>  >  >  > SPK

SPK

(エスピーケー)

SPKは、オーストラリア・シドニーの精神病院で看護人を務めていたグレアム・レベルと、患者だったニール・ヒルによって78年に結成される。ドイツ・ハイデルベルグ大学付属病院医学部精神神経科の内部で運動していた政治組織、Sozialistische Patienten Kollektive=社会主義患者集団にその名を由来。初期SPKにおける攻撃性を孕んだノイズと暴力的なグラフィックは、資本主義社会に蔓延する病巣や、精神医学/医療体制に対する批判を展開していた社会主義患者集団の思想に基づく狂信的な回答であった。過剰な言語や記号と模造品が氾濫し、生/対話/死がもつ真の意味が失われつつある現代西欧文明社会への警告を促し続けたが、政治色⇔芸術性を追求するメンバーの方向性の違いからグループは分裂。そして、KPSと改名して活動していたヒルが83年に自殺。それにより、SPKの意義は薄れ、コマーシャルなダンス・サウンドへと変貌を遂げた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版