>  >  >  > Sonny Boy Williamson

Sonny Boy Williamson

(サニー・ボーイ・ウィリアムスン)

アメリカ中を放浪(演奏し、ウィスキーを飲みながら)していたソニー・ボーイ・ウィリアムソンは、ロバート・ジョンソンとプレイしたことのある数少ないシンガーの1人であり、ブルース界を代表するミュージシャンだ。彼の暗く自叙伝的なアルバムは、自身の憂鬱でパラノイア的な性質から紡ぎ出されたものであり、ザラザラした悪意のあるウィットに満ちている。その脅威のハーモニカ・プレイは、ヨーロッパ各地で観客を圧倒し、大絶賛を浴びた。そして歌詞には深く息をのむような、辛い人生のエピソードがこめられている。
初めてのレコーディングは、チェス・レコードから55年に発表された「ドント・スタート・ミー・トゥ・トーキン」であり、R&Bチャートで好ヒットを記録した。その後、イギリスの魅力にとりつかれ、ヤードバーズやエリック・バードンのアニマルズと共演。後期に録音された「アイム・トライング・トゥ・メイク・ロンドン・マイ・ホーム」では、ジミー・ペイジによるギターとの共演を聞くことができる。
80年にはブルースの殿堂入りを果たすが、それは65年に心臓麻痺で死亡してから15年後のことであった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版