>  >  >  > Son Volt

Son Volt

(サン・ヴォルト)

オルタナティヴ・カントリーの源流を作ったアンクル・テュペロのメンバー、ジェフ・トゥイーディーとジェイ・ファーラーは94年のグループ解散後、別々の道を歩み始める。トゥイーディーは、カントリー色をよりポップに推し進めたバンド、ウィルコを結成。一方ファーラーは、サン・ヴォルトを始動させる。
95年の1stアルバム『トレイス』は、アンクル・テュペロ時代の流れを汲み、カントリー/ルーツ・ロックをベースにした開放的なサウンドを呈示。スティール・ギターやフィドルが美しく響くフォーキーなナンバーから、ニール・ヤングを彷彿させる荒くれ轟音ギターを炸裂させたR&Rチューンまでを聴かせた。ファーラーのしわがれた歌声も実に味わい深い。
以後、『ストレイトウェイズ』(97年)、『ワイド・スウィング・トレモロ』(98年)と作品を重ねるごとに、そのサウンドは円熟へと向かっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版