>  >  >  > Snot

Snot

(スノット)

ヴォーカリストの事故死により、あっけなくその歴史に幕を降ろしたスノット。97年にリリースされた『ゲット・サム』は、彼らの最初にして最後のアルバムである。——ハードコア/パンク/ファンク/ラップを融合し、アフター・グランジなミクスチャー・サウンドを構築。直球勝負のヘヴィ・グルーヴは息をもつかせぬほど荒々しく、リスナーを圧倒した。またメロディの輪郭が明確であり、単調なイメージに終わることがない。——高いポテンシャルを秘めていたバンドだけに嗚呼、無念。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版