>  >  >  > Snooks Eaglin

Snooks Eaglin

(スヌークス・イーグリン)

卓越したギターの演奏技術を生かして伝統的なニューオリンズ音楽を追求したスヌークス・イーグリンは、子供のころに視力を失いながらも、どんなスタイルでも弾きこなす能力を身につけ、アラン・トゥーサンの最初のバンドやプロフェッサー・ロングヘアのバックなどで働いた。もともとはニューオリンズの街角でウォッシュボードやブルーズ・ハープをバックにアコースティック・ギターをフィンガー・ピッキングで弾きながら歌うスタイルではじめたイーグリンだったが、のちにリズム&ブルース色の強いソウル・バンドを率いるようになり、激しいギター・ソロでファンを楽しませた。土臭い雰囲気を漂わせながら巧みなピッキングでアコースティック・ギターを演奏した彼は、エレクトリック・ギターを持つとディストーションなどにはまったく頼らずに太くて厚い音を聴かせた。レイ・チャールズから強い影響を受けていた彼のヴォーカルは、バイユー地帯ならではの訛りが特徴的だった。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版