>  >  >  > Slim Harpo

Slim Harpo

(スリム・ハーポ)

ルイジアナ州といえば、湿気が多く蒸し暑い土地で、スワンプと呼ばれる湿地帯で覆われている。かの地で醸造されたブルースはレイジーで泥臭く、ゆったりとしたノリをもつ。スリム・ハーポはそんなルイジアナ・ブルースの体現者である。
スロウなウォーキン・ビートと気だるそうなトボケ声が醸し出すユルユルの音世界を聴けば、たとえ行ったことがなくても現地の空気の匂いや雰囲気がわかろうというもの。ローリング・ストーンズがカヴァーした「I’m a King Bee」や「Rainin’ in My Heart」など50年代後半から60年代前半の作品が有名だが、軽快な8ビートを取り入れ、新しいスタイルのブルースを打ち出した60年代後半の作品も格別な味わいだ。
ルイジアナ・ブルースを聴くならば、まずはこの人から、といったジャイアント。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版