>  >  >  > Sleater-Kinney

Sleater-Kinney

(スリーター・キニー)

94年、アメリカン・インディーズ・シーンの聖地、オリンピアにてキャリー・ブラウンシュタイン(g&vo)とコリン・タッカー(g&vo)を中心に結成される。95年アルバム『Sleater-Kinney』でデビュー。97年に発表されたサード・アルバム『ディグ・ミー・アウト』から、ドラムがジャネット・ウェイスに落ち着く。90年代のライオット・ガール・ムーヴメントにおいて最もインテリジェンスなバンドとして、他の追随を許さない独走状態を保っている。また、メンバー全員のヴォーカル・ハーモニーに加え、ベースレスという編成がファニーでキュートな雰囲気をつくり出しているとも言える。——パンクとポップが婚約破棄した上に、取っ組み合いの喧嘩をしているような音楽。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版