>  >  >  > スキップカウズ

スキップカウズ

(スキップカウズ)

マス/コア問わずのすっごく良い曲を作るんだけど、どういうわけか(だいたい理由はわかるが……)ブレイクしないバンド——の代表選手、スキップカウズ。思春期的やるせなさを包み込んだグッと胸に響く歌詞、シンプルかつ説得力にみちたバンド・アンサンブルが魅力の秀逸ナンバーを数多く世に残している。例えば、デビュー・シングル「赤い手」。ニュー・ソウル風味のメロウ・グルーヴを歯切れ良いロック・サウンドで鳴らした紛れもない名曲だ。あと、ハードなロッキン・ナンバー「カンチガイだった…」なんて、タイトルだけで泣けてくるもん。この他にもいーーーっぱいある。なのになぜか人気が……。でも、ずっと応援します。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版