>  >  >  > Edward Elgar

Edward Elgar

(エドワード・エルガー)

作曲家・オルガニスト。パーセル以降、目立った作曲家が出現しなかったイギリスで、楽器店を経営し、教会のオルガニストも務める父のもと、1857年に生まれる。父の店の手伝いをしながら独学で音楽を学び、20歳の時ヴァイオリニストを目指しロンドンへ出て教師に就く。が、夢破れ、故郷に戻って作曲活動に励むようになった。
25年間の不遇時代を送った後、41歳で「エニグマ変奏曲」を発表、ついに注目される存在となる。和声をシューマン、ブラームスから学び取り、ワーグナーの半音階主義の影響を受けているが、親しみやすいメロディをもった民衆の心をとらえる音楽を書く才能に長けていた。また、イギリス人らしい感情の高貴さと精神を表現することも得意としている。特に、行進曲「威風堂々」は“第2のイギリス国歌”といわれるほど、本国で親しまれている作品だ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版