>  >  >  > SILVERSUN PICKUPS

SILVERSUN PICKUPS

(シルバーサン・ピックアップ)

インディーズから発売されたデビュー・アルバムが世界で30万枚以上のセールスを記録したロサンゼルス出身のブライアン・オーバート(vo&g)、ニッキー・モーニンガー(b)、クリストファー・グアンラオ(dr)、ジョー・レスター(key)からなる男女4人組バンド、シルヴァーサン・ピックアップ。
04年に結成。スマッシング・パンプキンズは言わずもがな、マイ・ブラッディ・ヴァレンタインやソニック・ユース、ピクシーズや同郷のエリオット・スミスに影響を受けたサウンドと、地元でのライヴ活動を通じて徐々に話題を集め始めた彼らは、05年、インディー・レーベルからEP『Pikul』をリリース。LAのみならず、全米、そしてここ日本でも輸入盤店などを中心に高い評価を集める。

ブラック・レベル・モーターサイクル・クラブやブレンダン・ベンソン等との日程を含むハードなツアーを行い、06年7月に1stフル・アルバム『カーナヴァス』をリリース。J・ディラやローリング・ブラックアウツ等のプロデュースで知られるデイヴ・クーリーがプロデュース担当。そしてミックス・エンジニアには、ベックやザ・クークス、ベル・アンド・セバスチャン等を手掛けているトニー・ホッファーを迎えた本作は、1年以上もの時間をかけて全米で25万枚以上の売上を達成。07年には、米最大級の音楽フェス『コーチェラ・フェスティバル』に出演したほか、USではミューズ、オーケー・ゴー、スノウ・パトロール、そしてUKではカイザー・チーフスやフー・ファイターズらと精力的にツアーを行ない、Billboard誌のトップ・ヒートシーカー・チャートで1位を獲得した。

そして09年7月、ワーナー移籍第1弾アルバム『スウーン』を発表。彼らのトレード・マークとなっているディストーションの効いた厚みのあるサウンドに、ブライアンの紡ぐ言葉は個人的なトラウマを、あたかも“とある日の新聞”の見出しのように描き出した傑作が誕生した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版