>  >  >  > Shop Assistants

Shop Assistants

(ショップ・アシスタンツ)

「拙くてほんとにいいのか!」「いぃ〜んです!(川平慈英風)」
とにかくアノラック・バンドの演奏はとってもヘタだ。「ペナペナのリズム/コード進行のヘタさを隠さんばかりのノイジー・ギター/フラフラ漂うヴォーカル」という三種の神器が揃えば、完成しちゃうほどだから。
84年から活動を始め、<53rd & 3rd>や<サブウェイ>といったレーベルを渡り歩き、メジャー・デビューも果たしたアノラック・バンドの代表選手、ショップ・アシスタンツ。彼らのソングスは、笑いながら踊りだしたくなるほどキュートでアグレッシヴだ。単純で耳障りのよいメロとパンキッシュな女性ヴォーカルが繰り出すサウンドは、ガレージ・ポップ風な雰囲気も内包。リスナーにとっては、「ヘタなバンドならではの」愛着心もやんわりと湧いてくるだろう(笑)。
87年にアレックス・タイラー(vo&tambourine)が脱退(後にモーターサイクル・ボーイを結成)。90年には2枚のEPをリリースしたが、その後デヴィッド・キーガン(g&noise)がパステルズに加入し、以降ショップ・アシスタンツとしては音沙汰がない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版