>  >  >  > 上松秀実

上松秀実

(ウエマツヒデミ)

1986年1月16日生まれ、佐渡島出身、山羊座のB型。一風変わった環境で幼少期を過ごした彼女、母は佐渡島、父は神津島の出身で、両親ともに郷土芸能を受け継ぐ家系で、常に唄と踊りに接していた。芸能に厳しく、厳格な父だが、彼女の幼少期に両家を離れ、流しをしながら家計を支える浮き沈みの激しい生活を送ることになり、元々家に帰らない日々の続く父と疎遠になって行き、母親との2人きりの生活が続いた。

15歳の時に歌手になることを決意し、数々のオーディションに応募するようになる。常に家庭環境、友人関係に悩みを抱え、高校生活にも馴染めず中退するが、歌うことだけは諦めなかった。20歳の頃、所沢のギャル・ショップにてバイトをしながらクラブを周りはじめる。ブラック・ミュージックに影響を受け、既存のレコードのインストを使用してオリジナルのメロディーをあてることで、初めて自分の曲を作り始めるが、日本人である自分が、黒人の世界を表現するのに違和感を覚えた時、より「和」を意識した音楽制作を始めるようになる。自分の世界感を確立するため、友人や知人の紹介、ソーシャルネットワーク、ありとあらゆる手段を使い、自分の世界感を理解してくれるトラック・メーカーとの交流を深めデモ作りを始める。

当時から「ギャル服&メイクは私の戦闘服」と、ある意味確信犯的な思想から、戦闘服を着ることで裸の心を覆いながら、今まで経験してきたこと、常に自分と向き合い感じてきたことや、生きてきた証を思いのまま吐き出すように歌詞に綴り、見る者聞く者に衝撃とギャップを感じさせていた。このころ、制作された1曲のデモ・テープが、現在のスタッフの耳にとまり、08年10月に<トイズファクトリー>より1stシングル「Dear My Friends/トラウマ」でメジャー・デビューを果たす。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版