>  >  >  > Shalamar

Shalamar

(シャラマー)

USの人気TV番組『ソウル・トレイン』の出演をきっかけにデビューした男女混成バンド、シャラマー。番組の司会者であったドン・コーネリアスが、同番組のダンサーだったジョディ・ワトリーとジェフリー・ダニエルズ、そして音楽面を担当するメンバーの3人によって結成させたグループである。
デビューを果たしたのは77年だが、グループの黄金期はハワード・ヒュイットが加入した79年以降になる。ちょうどこの年に「セカンド・タイム・アラウンド」という大ヒット曲を放ち軌道に乗ったシャラマーは、アルバム・リリースを重ねるごとに、着実にシーンのトップ・グループへとのし上がっていった。そんな彼らの魅力は、間違いなくジョディとハワードのツイン・リード・ヴォーカル・スタイルにある。だがサウンド面において、ファッショナブルなビートを取り入れた爽快ダンス・チューンを創造したプロデューサー=レオン・シルヴァーズIIIの鮮やかな豪腕も忘れてはならない。ダンス・クラシックスとして数々のカヴァーを生んだ「ナイト・トゥ・リメンバー」は、彼らのキャリアの頂点に位置する絶品ナンバーである。
しかしオイシイ期間はそう長くは続かず、83年にはジョディとジェフリーがソロ・アーティストに、85年にはハワードも脱退してしまう。その一方でグループ自体はなんとか継続するが、まったく別モノのロック寄りサウンドに路線変更してしまった。もちろんその結果は芳しくなく、シャラマーというかつて一世を風靡したグループは、徐々にシーンからフェイド・アウトしていった。
……かのように思われたが、その後ハワードがグループに復帰。現在は孤軍奮闘、彼がシャラマーを牽引している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版