>  >  >  > SEVEN

SEVEN

(セヴン)

アルバム・タイトルそのままの”ジレンマ”に陥ったり、一人多重録音でコツコツと作品を構築してみたり。のほほんとしているようで、実はその時々の自分にとっての最良の形を求め、ずっと試行錯誤し続けてきた斉藤和義。そんな彼が最近ひじょうにイイ抜けっぷりを見せ始めているのは、このSEVENをやったことと無関係ではないだろう。
99年に小田原豊(dr)、伊藤広規(b)の3ピース・バンドとして結成し、いきなり『SEVEN』というセルフ・タイトルのアルバムでデビュー。元々はツアーのステージで、3人で演るコーナーを設けたのがキッカケ。ベテラン勢との、即興交じりのハイテンションな演奏の”自由さ”にピンときたのを機に、酒の席で盛り上がって結成に至った。
斉藤和義も結成時に「ふわぁ〜っていろんなことが晴れちゃう感じがある。子供に帰れるっていうか」とコメントしていたが、キャリアを積んだミュージシャンたちが”バンドやろうぜ”的な無邪気なノリで始めたものだけに、SEVENの音は瑞々しいのに絶妙、勢いと深みの両方を絶妙なバランスで持ち合わせている。ラテン、レゲエ、N.Y.パンク、そしてストレートなR&Rまで、その引き出しも多様だ。
最近ではソロ名義のツアーを3人で回ったり、無理に斉藤和義とSEVENの境目をつけることなく柔軟なスタンスで活動中。SEVEN名義の作品も、そのうち気が向けばリリースされていくものと思われる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版