>  >  >  > 小澤征爾の情報

小澤征爾の情報

(オザワセイジ)

世界でも指折りの指揮者、小澤征爾。彼は、クラシックの伝統を持たない日本人ということを最大限プラスに生かし、楽譜に忠実で正統な楽曲解釈を行っていると言える。
ボストン交響楽団の音楽監督を長年にわたって務め、指揮者・斎藤秀雄の門下生を集って編成したサイトウ・キネン・オーケストラの指揮者としても活躍。また、松本で毎年夏に開かれるサイトウ・キネン・フェスティバルを国際音楽祭として位置付けることにも貢献した。今後は名門ウィーン国立歌劇場の芸術監督としても、更なる飛躍が期待されている。
1935年、満州生まれ。桐朋学園短大を卒業後、単身渡欧し、59年ブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、一躍注目を集めた。カラヤン、バーンスタインなどの下で研鑚を積み、62年N響の指揮者となるが、派手な指揮や言動が保守的な楽員の反感を買い、演奏会をボイコットされるという事件に至る。それをきっかけに海外での活動が中心になるが、95年、32年ぶりに両者が和解、共演を行った。

小澤征爾の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版