>  >  >  > Scott Grooves

Scott Grooves

(スコット・グルーヴス)

デトロイト・ハウス界期待の星、スコット・グルーヴス。ジャズ・ギタリストの父をもち、幼少期からドラムを習得。地元のレコード・ショップで聴いたファンク・ド・ヴォイドの曲が気に入り、デモ・テープを送ったことがきっかけで、スコットランドの<Soma>レーベルと契約を果たす。
97年、デビュー・シングル「A New Day」をリリース。「Expansions」(98年)では、ロニー・リストン・スミスのジャズ・ファンクの名作をカヴァーし、ロイ・エアーズをヴォーカルに起用。この曲は、バリスティック・ブラザースによるリミックス作も発表され、イギリスのクラブ・シーンでもヒットを記録した。ソウル/ファンク/ジャズ/ディスコの旨み成分をハウスで抽出した1stアルバム『Piece Of A Dream』(98年)では、パーラメントの「Mothership Connection」を現代に蘇らせ、原曲の当事者であるジョージ・クリントンも参加。さらに、スラム/ファンク・ド・ヴォイド/ダフト・パンク/DJ Qがリミックスを担当した。それにしても、錚々たる豪華メンツが出揃いましたな。
過去から現在、そして未来に至るブラック・ミュージックの歴史を繋ぐ才人がここに誕生。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版