> Scharoun Ensemble Berlin

Scharoun Ensemble Berlin

(ベルリン・フィルハーモニー・シャルーン・アンサンブル)

「理想的」「他でもないベルリン・フィルの一部」と日本でも圧倒的な支持を得ているシャルーン・アンサンブル。ベルリン・フィルのメンバーで構成される数多くのアンサンブルの中でも”最も変化に富み、最も意欲的な室内楽団”と評されている、ベルリン・フィル選り抜きのパーフェクト・アンサンブルだ。和太鼓の林英哲と度々共演していることでも有名。93年にベルリンで共演して以来、来日の度に共演しており、その息の合った演奏には定評がある。豊かなハーモニー、キレのあるリズム、完璧なテクニックが飛び交う白熱のアンサンブルが展開される。
1983年に結成。アンサンブル名は、世界有数の音響を誇るベルリン・フィルの本拠地フィルハーモニーザールの建築家、ハンス・シャルーンに由来している。デビュー当時から「磨き上げられた美しい音色」「洗練されたアンサンブルと集中力」という高い評価を得て、ベルリンの音楽界になくてはならない存在として注目されている。レパートリーも多彩で、古典派、ロマン派から現代曲、またベルリン・フィルの他のメンバーやアバド、バレンボイムら国際的指揮者、ソリストの参加により、さらに幅広いものとなっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版