>  >  >  > SCAFULL KING

SCAFULL KING

(スキャフル・キング)

SCAFULL KINGは、一度死んだバンドだ。90年に田上(vo&tru)と福田(b)を中心として結成され、精力的に活動するものの5年足らずで陽の目を見ずに解散してしまう。しかし翌96年——メンバーをマイナー・チェンジして見事復活を遂げる。彼らのサウンドは、太陽が燦々と降り注ぐ海辺を彷彿させるスカ・パンクがメインだ。加えてジェット・コースターのようなスピード感と起伏をもったナンバーは、リスナーをトロピカルな至福で包み込む。ジャズ・フレイヴァーなホーン隊の力強い演奏もさることながら、バンドの結束力を感じさせる安定したパフォーマンスは、素晴らしい!の一言だ。

97年に入り猛攻を開始。同年12月には1stアルバム『スキャンダル!』をリリースし、BRAHMANやBACK DROP BOMB、SUPER STUPIDとの『BAD FOOD STUFF』ツアーを敢行。オーディエンスの熱狂的支持を獲得するに至った。99年に自主企画イベント『Double Tuck Out』を開始、対バンにも恵まれ全11回すべてをソールド・アウトに。 5月には初の全国ツアーを17ヶ所で敢行、続く6月には2ndアルバム『SCAnation』を発表。00年5月には、3rdアルバム『SCAtegory』をリリース、『FUJI ROCK FESTIVAL ’00』『AIR JAM 2000』など数々のイベントに出演し、レコ発ツアーを2回に分けて全30ヶ所を行脚。01年1月にはSHIBUYA-AX3DAYSを開催、3日間で5,000人を超える動員を記録するなど、バンド活動絶頂であった1月下旬に下北沢シェルターのライヴを持って活動休止を発表した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版