>  >  >  > SALON MUSIC

SALON MUSIC

(サロン・ミュージック)

吉田仁と竹中仁見から成るサロン・ミュージック。80年代のニュー・ウェーヴ全盛期から活動を開始し、小粋で、どこかねじれたポップ感覚はイギリスでもすかさず注目を集めた(82年にはUKフォノグラムからもデビュー)。
現在でもまったく魅力の色褪せない名盤『ラ・パロマ・ショウ』は、高橋幸宏御大によるプロデュース作品で、バックにはムーンライダーズも参加。また、彼らがフリッパーズ・ギターのプロデュースにあたって手腕をふるったことは、その界隈では有名な話だ(後に小山田圭吾主宰の<トラットリア・レーベル>に移籍している)。
国内外に熱烈なファンを擁するサロンだが、アメリカを代表するサイバーパンク作家のブルース・スターリングも彼らの支持者であり、『ラ・パロマ〜』の再発CDにコメントを寄せるほどである。
竹中はSilver Fins、吉田はQuadraphonicsという別ユニットもやっていた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版