>  >  >  > 斉藤和義の情報

斉藤和義の情報

(サイトウカズヨシ)

男性シンガーソングライター。1993年、『僕の見たビートルズはTVの中』でデビュー。1994年、「歩いて帰ろう」が子供番組『ポンキッキーズ』(フジテレビ系)で起用される。その後もCMソングなどで知名度を高め、プロデュースや楽曲提供もこなす。デビュー15年の2007年から2008年にかけて、CMへの楽曲提供が続き、人気に火がつく。使用された楽曲は「ウェディング/ソング」(『ゼクシィ』/リクルート)、「愛に来て」(「e-maのど飴」/UHA味覚糖)など。2008年、「やぁ 無情」で第50回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞。2010年に「ずっと好きだった」を「IN & ON」(資生堂)のCMに提供。2012年、ドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ)の主題歌となった「やさしくなりたい」がヒット。デビュー20年にして初のNHK紅白歌合戦への出場を果たした。愛称は「せっちゃん」。レーベルはビクターエンタテインメント。

オフィシャルサイト

斉藤和義のイメージ画像
斉藤和義の記事
スガ シカオ、デビュー20周年イベントで斉藤和義、トータス松本、浜崎貴司と“感無量”共演
MANNISH BOYS、大胆な“音楽的進化”を遂げる 新作『麗しのフラスカ』のサウンド考察
斉藤和義、佐々木蔵之介主演映画『超高速!参勤交代リターンズ』主題歌を配信リリース
乃木坂46 生田絵梨花に、タモリが羨望のまなざし「『フランスで生まれた』とか言いたかった」
斉藤和義、ドラマ『不機嫌な果実』主題歌「マディウォーター」の全編アニメーションMV公開
斉藤和義、ドラマ『不機嫌な果実』主題歌リリース決定 初回限定盤DVDには弾き語り映像収録
斉藤和義、ドラマ『不機嫌な果実』主題歌に新曲「マディウォーター」書き下ろし
「ロックバンド」と「お茶の間」は地続きに? レジーが“フェスから紅白へ”という新潮流を分析
細野晴臣と斉藤和義が『オトナの!』で“死生観”を語る 「この世は地獄なんじゃねぇかって思うようになってきた」
斉藤和義、ツアー追加公演として日本武道館2DAYSを発表 「時が経てば」MVも公開に
斉藤和義が語る、表舞台に立ち続ける理由 「ビートルズやストーンズが好きだから、売れてなきゃいけないって思う」
斉藤和義、9年分のMVダイジェスト映像公開 スタジオライブ中継の詳細発表も
新音楽番組『Love music』ゲストに斉藤和義、家入レオ出演 森高千里「視聴者にも熱気が伝わると思う」
斉藤和義、コンテンツ満載の新アルバム特設サイトを公開 USTREAM生配信決定も
SMAP木村拓哉、緊張しないためのコツを語る 「自分だけじゃないって思えば大丈夫」
斉藤和義、伊藤歩初主演ドラマ『婚活刑事』主題歌に新曲「傷口」書き下ろし
斉藤和義、半年間にわたる全国ツアー開催決定 全都道府県を巡る
斉藤和義、『ウコンの力』CMに新曲「攻めていこーぜ!」を書き下ろし 
松本隆トリビュート発売決定 安藤裕子、草野マサムネ、斉藤和義、YUKIらが参加
シシド・カフカ、斉藤和義プロデュース曲のMVを公開 メイキング映像では二人のセッションも
シシド・カフカ、avex移籍後の初作品は斉藤和義プロデュース フジテレビ系ドラマ主題歌にも起用決定
斉藤和義はなぜ“旬のミュージシャン”であり続けるのか? 最新ライブ映像&音源から読み解く
「ビクターロック祭り」は今年も熱かった 長山洋子から星野源まで全ステージ詳細レポート
「ビクターロック祭り 2015」出演者にDJダイノジが追加 「日本一ロックなお花見」を盛り上げる
「ビクターロック祭り 2015」出演アーティスト最終発表 星野源が出演へ
斉藤和義の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版