>  >  >  > 森山良子

森山良子

(モリヤマリョウコ)

日本ジャズ界のパイオニア・森山久の長女として誕生し、60年代にカレッジ・フォーク・シーンで活躍。そして67年に、教科書に掲載され誰もが知っている名曲「この広い野原いっぱい」でレコード・デビューを果たす。69年の「禁じられた恋」もミリオン・セラーを記録する大ヒットとなった。以後、ポップス/ジャズ/シャンソン/フォークソングなど、幅広いジャンルの楽曲を歌い続けている。
97年の『NHKみんなのうた』で森山良子が歌う「さとうきび畑」がオンエアされ、子供を持つ親を中心に問いあわせが殺到、01年にシングル「さとうきび畑」としてリリースされた。が、この「さとうきび畑」のカップリング曲「涙そうそう」が同年BEGIN・夏川りみらとの競作でそれぞれ大ヒットを記録、彼女の歌声が高く評価されることとなった。また、息子である森山直太朗がアーティストとしてデビューしたことで、母親としても注目が集まった。06年に第48回日本レコード大賞で「涙そうそう」が特別賞を受賞、また同年文化庁より芸術分野で優れた活動をした人に贈られる芸術選奨 文部科学大臣賞も受賞、まさに日本を代表するヴォーカリストとして頂点を極めたと言っても過言ではないだろう。その一方で、コンサートの定番曲であり、30年前に恋人同士だった男女が再会する場面を歌と語りで表現する異色のナンバー「30年を2時間半で…〜06年ヴァージョン〜」をシングル・カットするなど、名実共に日本のトップ・シンガーなったにも関わらず、彼女は常に新たな挑戦を続けている。

森山良子の記事
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
HKT48指原莉乃、モー娘。への憧れを語る「6年ぶりの『Mステ』出演は録画してずっと見てます」
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版